2016年12月07日

新たなメモグッズ紹介

 メモ用の文具を「ジョッター」といいます。世間には多くのジョッターが売られている。ところがボクが住むのはド田舎。ハンズなんてオシャレな店を回って、自分に合ったジョッターを探すなんてできない。だったら、自作した方が早ええ!
 というわけで最近、自作したジョッターの中でも、選りすぐりのものをいくつか紹介しましょう。



■推敲用情報カードカバー
DSC_0012.JPG
 近頃は5×3情報カードがダイソーの百均で買えるようになりました。この大きさというのが、ちょうどポケットサイズ。仕事中コッソリ見直すのに、ピッタリなんですね。
 しかも6穴ミニリフィル用紙と同じ大きさ、という互換性がある。専用の穴開けパンチを使えば、バインダーでまとめられます。

 というわけで、情報カードサイズの印刷テンプレートをWordで作成。
 この印刷テンプレート、リフィル用紙として穴の位置を想定して作ってありますから。リフィル用紙に印刷してバインダーに挟めば、簡易的な製本にもなります。

 またこの印刷テンプレートでは、ページが上部のフッターに表示されている。これも工夫ポイント。
 上の左右どちらかの端っこをホチキスで止めれば、ページを次から次へとめくりやすくなる。これが最初は下部のフッターにしていたら、どうも不便だったんですよねー。

 ページ数量が増えた場合は、何冊かの束に分けましょう。ちなみに情報カードは強度があるので、一般的なホチキスなら7枚までにしないと針が通らないようです。
 ただしホチキス止めすれば、情報カード自体の強度により、立ったままの記入も可能になってきます。
 でもやはり、用紙を守るためのカバーと、ちょっとした下敷きも欲しいところ。だがメモパースは一枚一枚書き込むためのジョッター。推敲のために見直したり、ホチキス止めした束の管理には不向き。

 そこでボクが使っているのが、ロディアメモの革カバー。
 都会の文房具屋で「わーい、これが有名なロディアメモか」と買ったまでは良かったのに。田舎在住ゆえ用紙が補充不可能で、カバーだけが残ってしまった。
 このポケットに情報カードがたまたま、ちょうど入った。そこで一番上のページだけ出して、束の残りはポケットに入れてしまう。ついでに同じ大きさにカットしたアクリル板を入れてあるので、下敷きにもなります。

 最近ボクは推敲や、プロットの練り込みまで。情報カードと、このジョッターを使い、あらゆる作業をやっています。
 というわけで、愛用している情報カードの印刷テンプレートを、皆さんにもプレゼントしておきます。



■アイデアノック用名刺ケース
DSC_0011.JPG
 5×3情報カードというサイズには他にも利点がありまして。二つ折りにすると、名刺サイズより少し小さくなって、名刺ケースにピッタリ入る。

 そこで用意するのは名刺用紙がちょうど入る、B8ソフトカードケース。それも見開きのできる、ダブルタイプ。これを二つ折り情報カードのジョッターとします。
 ポケットには下敷きとして、やはりアクリル板をいれておく。ただし、できればポケットギリギリにカットしましょう。というのも使い込むうちに、ソフトカードケースの端っこがヘタれてきたからです。

 ジョッターが完成したら、谷折りにした情報カードをポケットに入れて、準備万端。擬似的なカバー付きミニノートと化します。
 表紙側のもう片面には覚え書きや、アイデアノックのお題でも入れておきましょう。

 このジョッターが特に活躍するのは、アイデアノックの際。シャッフルしたタロットの卦を印刷、二つ折りにして入れておく。すると、いつどんな時でもアイデア出しが可能になります。



■アイデアトリガー
DSC_0010.JPG
 発想法や、文章を格上での約束事。書くための資料など。多くなると、覚えきれない。ならばカンニングペーパーを常備すれば良い。学校のテストじゃないんだから、忘れたんなら見直せば良いんです。

 ならば持ち歩けるようにするのがベスト。というわけで情報カードへ印刷する際、名刺用紙サイズの切り取り線を引いておく。ちょっと面倒ですが、ハサミで切り取れば名刺カードのできあがり。
 何枚か入りの透明な名刺カードケースに入れておきましょう。

 アイデアトリガーなんて、大層な名前を付けていますが。結局は、保存性があり、持ち歩きに適した暗記カードです。
 九九の暗記じゃないですが。このアイデアトリガー、日常生活での暗記事項がある時にも使えるでしょう。



 ボクは普段から、百均で三百枚入りのB7メモパッドを愛用しています。なにせコストパフォーマンスが最高。しかも隠密性に優れたポケットサイズ。
 そしてB7というのが、5×3情報カードと、ほぼ同じくらい。名刺カードの二倍という都合の良さ。

 メモも増えると、規格がバラバラだと、整理しにくくなります。整理しにくくなると、とっちらかる。とっちらかれば、他人の目に触れやすくなる。他人バレ防止のためにも、サイズ規格の統一は有効な手段です。
 そして規格統一した中で、どうメモを運用するか。試行錯誤した結果が上のジョッターとなります。

 皆も自分の生活習慣に合わせた、自分用ジョッターを作ってみませんか。面白いですよ。
posted by はまさん at 23:56| Comment(0) | 感想的(執筆ツール)

2013年11月13日

推敲用ツールを作った

 推敲を行う際、B5やA4のような大きな用紙に原稿を印刷すると、添削箇所がどこにあるか。原稿とモニターを見比べるのが大変な作業となります。
 そこで最近のボクが思いついたやり方。いっそのこと小さな用紙に原稿を印刷してしまおう。小さい紙ならば、視線の迷う時間が短くなります。もちろん長い原稿を小さな用紙に印刷すると、紙束がひどく分厚いものになってしまいます。けど、そこはコストとして受け入れてしまう。

 ボクは普段からB7のメモ用紙を使っているので、印刷には似た大きさの5×3情報カードを使います。この大きさならばポケットに入るので、色々な最中にでもコッソリ盗み見ることができる。
 情報カードという特殊な用紙ですから、そのためにWordで印刷用のテンプレートも作りました。このテンプレートにコピペしてから印刷するのです。あとで説明しますが、行間はほんの少しだけ広めにしたので充分。フッターにはページ数を忘れずに。

 なぜ行間を広げなくても構わないのか。そもそも、小さな用紙なのに、添削内容が増えたらどうするのか。という問題が残りますが。
 こうした場合は新たに白紙の情報カードに添削内容を書き込みます。そしてページ数と、何でも構わないから記号を書いておく。例えば「15ページ ☆」というように。そして実際の十五ページ、本文の添削箇所に「☆」などのマークを付けておくのです。
 最後に添削したメモを、本文の前後に挟み込めばOK。この要領ならば行間なんて狭くたって、挟み込むメモの枚数を増やせば、いくらでも追記を加えることができます。
 あっ、ただ便利なのでボクは0,38の極細赤ボールペンを使っています。

 となると情報カードをまとめる手段が欲しくなる。
 透明なクリアファイルを情報カードの大きさに切り、フォトアルバム用ビニールコーナーを角に貼り付けます。すると簡易メモパースの出来上がり。透明なクリアファイルを使えば、いつでもポケットから取り出して盗み見ができます。
 またフォトアルバム用のビニールコーナーを貼っているので、どこでも書き込みが可能。場合によっては薄いアクリル板を下敷きに入れておいても構いませんが。情報カード自体の厚みで問題なく書き込みできるはずです。

DSC_0028.JPG

 また以上の推敲ツールは、どうもプロットの練り込みにも使えるようです。というか練り込みに使うのが、すっごい便利。
 脳内をパーティション分けする必要はありますが。一日中、活動時間の全てをこれで執筆に費やせるようになったわけです。便利ですよお。
posted by はまさん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想的(執筆ツール)

2013年05月23日

読了『校正練習帳@校正記号を使ってみよう タテ組編』

 人の小説を添削してて、必要性を感じたので読むことに。この本はもう、感想もヘッタクレもありませんね。完全なる実用。
 ノートまでとって勉強しときました。ボクが文章を書き続ける限りは、きっと役立つだろう。

 ところで読み始めてから「タテ組編」とタイトルにあるのを気付きました。ヨコ組は……もういいや。

posted by はまさん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想的(執筆ツール)

2011年07月01日

読了『多読術』松岡正剛

 多読家で知られる松岡さんは、どうやって本を読んでいるのか。何か特別な方法でもあるのではと思い読み始めた。だが具体的な読書術に関しては、ほとんど説明されていなかった。その意味では期待外れだったのかもしれない。
 実際には、松岡さんの語る読書哲学みたいな内容の本だった。これはこれで話題が多岐に亘っていて、なかなかに面白くはある。

 結局、結論としては多読とは、読書法のひとつに過ぎないということだった。すごい本の読み方などない。好きに読めば良いということだ。
 が、そこ結論に至るまでの情報工学的な解釈がある。だから読むスピードは上がらなくても、読む質は変わってくるかもしれない。そんな本だった。

posted by はまさん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想的(執筆ツール)