2011年01月09日

小説技術メモ/タスク管理


これは小説修行にも関係することなのだけど……
人間、抱えられる大目標は2つが限界だね。
それ以上は混乱して、同時進行どころか、
逆にフリーズしてしまうわ(笑)

 体・験・済

それでも他にやるべき大目標があるというのならば、
まずは今やっている課題を片付ける。
一段落するまでは手をつけない。

そのためにも現在抱えている問題をリストアップ、
分類して、ごちゃ混ぜにしないことが大事だね。
posted by はまさん at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学的(執筆作業)

2010年11月24日

小説技術メモ/メモの持ち歩き方

 わたくし、メモを持ち歩くに当たっては用途を二種類に分けて考えています。
 ひとつは、必要な情報をまとめて、いつでも読み直せるようにするための《集積型》。もうひとつは、思いついたアイデアを時と場所を選ばずに書き留めるための《分散型》です。
 ネーミングが合っていない気がするが気にするな! 適当に皆さんで新しい名前を考えてくれ!

 《集積型》が拡大すると、データベースになったり、勉強用ノートになったりして、持ち歩くには不便になってきます。そのためのプチ・データベースが、《集積型》メモということですね。
 《分散型》はメモ帳の形をしている必要すらありません。ボクなんて名刺カード+名刺ケースを使っていることもありますし。喫茶店に入った時、急にメモを取りたくなったのでナプキン紙を使う、というのも《分散型》のメモ法ということになるでしょう。

 で何がいいたいのかというと。
 《集積型》と《分散型》とは必ず一緒に考えない方が良いよ、ということです。でないと絶対にメモ帳がブ厚くなって、持ち歩くのが不便になってきますから。
posted by はまさん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学的(執筆作業)

2010年09月08日

《デフラグ》によって執筆作業の効率を高める

 相も変わらず暑い日が続いていますね。体力が持ちません。
 ならば短時間の作業でも、最大効果を出せる方法はないかと、段取りの洗い出しをしていました。そして、ひとつ閃くことがあった。

 ボクの書くメモには、創作に関するアイデアや、技法に関するアイデア以外にも、「どんな作業をやりたいか」とか「どんな研究をしたいか」という《用事》メモもかなりあります。
 もちろん緊急性の高い《用事》から先に処理するのは当然として。では、どんな順番で《用事》を済ませば、効率的なのか? 早く、しかもラクに終わらせられるのか?

 そのために思いついたのが、作業の《最適化[デフラグ]》ということでした。要は、似た作業は一気にやった方が効率的だというわけです。
 例えばですね。自分がやらなくてはならない《用事》が、これだけあったとしましょう。
《デフラグ前》
買い物(醤油)。本棚の整頓。溜め込んだメールを読む。ブログのカテゴリ追加。部屋の掃除。メールの返信。買い物(ルーズリーフ)。サイトのリンクを張り替え。感謝のメールを送信。タンスの衣替え。サイト更新。

 リストを見ただけで、うんざりしますね。どれだけの時間を必要とするのかも分かりません。
 ですが以上の《用事》を、ジャンル別に整理する……つまり《デフラグ》したらどうなるでしょうか?
《デフラグ後》
■メール:溜め込んだメールを読む。メールの返信。感謝のメールを送信。
■掃除:本棚の整頓。部屋の掃除。タンスの衣替え。
■更新:ブログのカテゴリ追加。サイトのリンクを張り替え。サイト更新。
■買い物:買い物(醤油)。買い物(ルーズリーフ)。

 まず、《デフラグ》されることで、作業の全体が見渡せるようになりました。これならば、作業終了までにどのくらいの日数がかかるか。計算もしやすいでしょう。
 そして問題は効率です。

 これは職人仕事における《段取りのコツ》というやつなのですが。いちいち道具を持ち替えない。いま持っている道具で、やれる仕事は一気にやってしまう。そうすれば準備時間を節約できます。
 例えば買い物の用事ならば、外出した際、一気に買った方が効率的でしょう。今日は買い物へ行って、何か一個だけ買いました。明日も買い物へ行く、昨日も買い物へ行きました、と行ったり来たりでは忙しくて文章を書く暇がありません。
 パソコンだって、点けたり消したりしていたら、起動時間が勿体ない。

 また似た仕事を一気にやることで、頭の切り替えもしなくてすみますけど。《デフラグ》によって逆に、効率的な「頭の切り替え」も行えるようになるでしょう。
 例えばパソコンで作品を執筆していたのだが、行き詰まってしまったのでメールを返信しておこうとか。外の空気を吸って気分転換ついでに、買い物もしておこうとか。

 これが小説の執筆作業ならば。アイデア集め、プロット構成、執筆、清書と作業を分類することで、《デフラグ》することも可能になるでしょう。
 また筆が止まったならば、あえて他の作業をやる。作業交代の効率も高くなるでしょう。

 いや、こちらも社会人なんでね。限られた時間を有効に使うすべを考えながらでないと、創作活動もやってけねーんですわ。
 とりあえずプロット構成段階の効率化はかなり進んだ。後はアイデア集めと、執筆作業を効率化させないといけないなあ。今後の課題です。
 でも今はまだ夏の暑さでグロッキー気味なので、全ての余裕は休憩に注ぎ込んでいます。30分も執筆作業を行っていたら、もう疲れが出て眠くなっちゃう。こんな状態で何も出来るか! さっさと秋になれー。
posted by はまさん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学的(執筆作業)

2010年04月24日

小説技術メモ/やる気を起こす

twitterでつぶやいた転載です。

やる気が起こらない時は、まずローギアで低トルク運転。
少しでも動き出すところから始める。
すると、後でノリやすくなる。

具体的にボクは、「書く準備」から始めることが多い。
例えば、メモの整理や、プロットの構築など。
すると客観的には執筆枚数ゼロの日もあるのだが、
後日執筆をし始めると、効率良く書き進められることになる。
仕事とは、段取りや雑用が半分以上と言いますしね。

それにプロット練りって、
自作ファンタジーの設定作りみたいな面白さがあるじゃない?
ノリたい時は、楽しいことから入るのが一番ですよ。
posted by はまさん at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学的(執筆作業)

2010年04月11日

小説技術メモ/ファイル整理

これは小説だけの話ではなく、パソコン操作全般にいえることなのだけど。
用済みになったファイルを整理するには……やはり
作成年月日順が一番かもしれない。

フォルダ内容を「一覧」で表示。
一覧の項目に、「作成日時」をチェックして追加。
あとは、右クリック→アイコンの整列→作成日時、でOK。

いやー、なにせtxtとmp3の数が膨大すぎて、
フォルダ分け・ジャンル分けしている暇がない。

テキストも今は完成したら、ブログかサイトにUPしちゃうから、
ある意味で整理されてしまうんだけどねー。
昔の(中高生くらいの、邪気眼前回な)txtだって多くて多くて。

そして音楽フォルダに関しては……ファイル数3まn(略
posted by はまさん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学的(執筆作業)