2009年09月12日

小説書きのための構造主義(27)

前回 ・ 次回
■上位概念と本質(2)

 まずは、物事を要素に分解して、飾りとなる付加属性・些細な違い・余計なものを排除してしまう。すると後に残されるのは、大雑把な概要[アウトライン]ということになる。
 そうして共通項に注目することで、皆で共有できる公約数的な、ありふれた意見を抽出する。物事を平均値にまとめ上げてしまう。
 この作業を《抽象化》と呼び、そして出た結果を《上位概念》という。

 先程の例ならば、「マグロ、サメ」など細かな種を無視して、生息する場所のみで「海水魚、淡水魚」と大雑把にまとめてしまう。更に生息する場所すら無視することで、「魚類」という共通項を見出している。
 つまりは、この「魚類である」というのが、「メダカ、マグロ、ドジョウ、サメ」といった項目における《上位概念》だということになるだろう。

 同じように「自動車、電車、大八車、自転車」とある項目についても。細かな機能や、用途は無視してしまう。
 すると、形状として「車輪がついている」という《上位概念》が導き出される。

 ここで注意。
 《上位概念》とは字面だけ見ると、「何だか高等でスゴい概念」みたいな印象を受けるかもしれない。だが、ここまでの説明を読まれたのなら、ご理解いただけたと思う。《上位概念》とは、物事の考え方のひとつである。
 同様に抽象論と聞く、何だか的外れで主旨のはっきりしない論である、という印象がある。だが別に、抽象論とは「的外れな論」というわけではない。具体も抽象も、モチーフが同じならば、表現されるものの主旨・焦点は同じになるはずだ。

 以上は別に珍しい作業ではない。我々も日常から普通に行っている。
 例えば「木」という漢字だ。「木」の文字は象形文字として、葉っぱがふるい落とされて、枝も二本のみ。《そのものの意味》を表現するのに、過剰な部分をすっかり削ぎ落として、最低限必要な部分のみを残している。「木」という漢字は、実際の「木」を抽象化した形を移したものだ。

 というように漢字に限らず、言語を使う際に我々は、抽象化の作業を無意識的に行っているのだ。

つづく
posted by はまさん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 連載:構造主義教室
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/86265002
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック