2018年02月20日

読了『辛くならない絵の描き方』松村上久郎

 これは確かに絵の技術書ではある。だが、上手くなるためのものではない。絵を楽しむための技術書だ。
 「上手になる」は本書だと、「続ける」の下に位置づけられている。

 絵以外にも、創作全般に言えることが多く書かれている。初心に返るための、良書ではないだろうか。
posted by はまさん at 23:20| Comment(0) | 感想的(美術)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: